ルームシューズ 作り方

手作りルームシューズ

Happy◇幸せ◇レシピ
ルームシューズTOP



       


ルームシューズ作り方  


   可愛い!手作りルームシューズ作り方です。春・夏
   素材はコットン地で涼しげに。

   秋冬はフリースで簡単に仕上げていきます。靴の中敷き
   を使うのでほどよい厚みで足も快適!

   バブーシュタイプなのでスリッパのようにも使えて履き
   心地の良いルームシューズです。

   素敵な柄のブラウス、古くなったコートやジャケットな
   ど意外と再利用できます。

   手作りって本当に楽しいですねー。とても満足のいく
   一品が出来上がりました
♪♪

 
   春・夏用ルームシューズです     
   
春夏ルームシューズ(3種類)は同じ型紙作りました!オプションとしてレースを
つけたり 細めのベルトにボタンを縫い付けています。
   

失敗なしの手作りケーキのコツ
スポンジケーキ
洋菓子レシピ
簡単菓子・ケーキ
和菓子レシピ 
休日の朝食・ブランチ
簡単和菓子
パンレシピ
天然酵母パン
簡単!パン発酵器
料理レシピ
北海道ジンギスカン・お赤飯
ハーブ・石鹸レシピ
癒しのハーブ石鹸
簡単ナチュラル手作り石鹸 
お風呂・簡単手作り入浴剤
ハーブティと花の砂糖漬け
ガーデニングレシピ
のほほんと・イチゴ栽培
ガーデニング・ワイルドストロベリー
趣味レシピ
ルームシューズ
ルーズソックス
雑貨レシピ
トイレタリー
レースのコースター

ルームシューズの作り方(夏用)


材 料
□ 甲 (表生地)・・・・30×45cm・・水玉
□ 〃 (裏生地)・・・・30×45cm・・白色
□ 底 (表生地)・・30×25cm・・花柄
□ 〃 (裏生地)・・30×25cm・・茶色
□ 接着芯(薄手)・30×45cm
靴の中敷き・・・1足分(男性用)
□ オプションでレース・・40cm・・6cm幅
女性もの 23・24・25cm》

柄が大きい生地を使用する場合は少し余分に用意してください。
ミシンが用意できないときは手縫いで。
靴の中敷きは男性用のほうが大きいので使いやすい。

  
  型紙はこちら
 - 用意するもの-
□ まち針
しつけ糸 

□ アイロン
□ ミシン(手縫いの場合は綿糸など)
-----------------------------------------------------
 @材料の確認
生地の枚数
(甲)=表布と裏布で各2枚。計4枚
     (左右同じです)
(底)=表布で左右各1枚、計2枚
     裏布で   〃    計2枚
(かかと)=表布で左右各1枚、計2枚
       裏布で   〃    計2枚
*型紙のまわり1cm縫い代をつけて布地をカットする。

中敷きは厚みがあって通気性が良さそうなものに。男性用のほうが大きくてカットしやすい。

@かかとと底の布は右足、左の足の分で布をカットします。ここで間違えると泣きます!
A
縫い代を型紙の周りに1cmつけること。うっかり型紙のとおりにカットすると大泣きします!!
 A接着芯をはる
甲(2枚)とかかと(4枚)の布の裏面に接着芯をアイロンで
貼る。
アイロンで接着する。芯のピカピカ光っている面と布の裏面をはり合わせる。かかとは左右を確認して。

 B甲にレースをつける(オプション)
甲の表にレースを縫いつける。
印から5o下がったところにレースをつけていく。
 Cかかとの表布と裏布をはぎ合わせる
かかとの表・裏布をはぎ合わせる。
@
A


右・左を作る。
 Dかかとの部分をはぎ合わせる
かかとの縫い代に間隔1cmの切込みを入れる。


ミシン目を切らないように注意!ミシン目の2o手前にハサミを入れる。
 E足首部分を縫い合わせ表に返してしつけする
かかと布を広げてステッチミシンをかける。折りたたんでAにもかける。


注意!@は布を広げてミシン縫い。Aは折りたたんで上から5oのところをミシン縫いする。
 F甲とかかとの布を合わせる
ここはしつけのみ(ミシンは次でかける)


右の写真は広げたところ。こんな感じになっていますか?そしてAは先程ステッチをかけたところ。
 G甲の裏布をのせてかかと布をはさむ

甲表布+かかと+甲裏布でミシン縫い。

   ステッチもかける。


布の表・裏を確認してミシン縫い。
 Hつま先・かかとをぐし縫いする

  

赤線の位置をしつけ糸2本どりでぐし縫い。


なるべく細かい目で縫う。細かいほうがキレイに丸みが出る。ぐし縫いを2本すると仕上がりがキレイです。
 I底布をはりあわせる(足につく面)
底布をはりあわせてぐるりと1周しつけをかける。


つま先、かかとの合印をあわせ待ち針をうってしつけをする。この時にシワを作らないように注意する。
 J返し口をミシン縫い
   
印より1o外側を(縫い代側)をミシンで縫う。


返し口のところだけミシンで縫う。
 K底布をはりあわせる(床につく面)
  
 表に返して甲の部分をたたんで押さえ大まかにしつけをかけておく。


ここでしっかりとめないとミシン縫いをすると余分なところまで縫ってしまう。
 Lミシンで縫う!
  
 底布を重ねてしつけをし、ミシンで縫う。


写真の赤点線はミシン縫いするところ。
 M縫い代をそろえて切り込みをいれ表にかえす
  
 返し口から表に引っぱり出す。


縫い代を5oに切りそろえ1cmの間隔で切り込みを入れる。
しつけ糸はとっておく。
 N中敷を入れる
  
 返し口から靴の中敷を入れ、返し口をとじる。


返し口は針と糸でまつり縫い。
 O出来上がり!
オプション!!
同じ型紙で作成。ベルトとボタンをつける。



型紙はこちら
 フリース生地で作るルームシューズです    
    フリースなら型紙に合わせて布を切っても、切れはしを気にすること
    なく簡単に作業が出来ます。

    しかも暖かいのでルームシューズにピッタリ。シューズの底の部分は
    市販の中敷きを使っていますがウールのコートやジャケットなどを
    利用してもよいと思います。

    その場合、布の厚みが足りないときは2枚重ねにしますが合わせて
    ジグザグミシンをかけておくとしっかりします♪
とっても簡単!
ルームシューズの作り方
 -材 料-
□ フリース生地 (表)・・・・45×75cm
□     〃    (裏)・・・・30×50cm
□ 靴の中敷き・・・・・・・・・・1足分
 

女性もの 24・25cm》
写真の表地のように、柄が大きくて柄を合わせるとと十分な生地が必要になります。裏地は無地なので材料の分量でOKです。

ミシンが用意できないときはブランケットステッチなどで手縫いします。

  ブランケットステッチ

  型紙はこちら
 - 用意するもの-
□ まち針
 

□ しつけ糸
□ ミシン(手縫いの場合は綿糸など)
-----------------------------------------------------
チエック欄





  材料の確認
  シューズの底の部分は100円ショップで購入した靴の中敷き。
  ふわふわ暖かくって、針も通りやすくて大変良い。
 


中敷きの色や厚みがいろいろあって選択できました。







  足のサイズに合わせてカットする
  左の赤い部分をカットする。つま先のところだけ丸くカットするのが
  ポイントです。
  →→
いっしょに入っている足のサイズにあわせて長さを決める。つま先を丸くした方が可愛いです。
24・25cmの型紙は用意しています。







  甲とかかとの部分をカットする(裏布)
  型紙を合わせて裏布をカットする。左右の分それぞれ2枚ずつカットする。
  →→
表・裏の布を合わせるところに、縫いしろをつけました。つまり、中敷きと合わさる底のところには縫いしろはありません。
型紙のピンクの部分に
縫いしろ約8mmを追加して布を断ちます。。
型紙は『わ』のところを反転して作っておくと便利です。





  甲とかかとの部分をカットする(表布)  
  表布をカットする。左右の分でそれぞれ 2枚ずつカットする。
 


表布は柄をよく見てあわせながら型紙を置く。まち針でとめて書き写す。






  甲とかかとの部分をはぎ合わせる
 まち針でとめて、はぎあわせミシンで縫う。(4ヶ所)
 


ミシンの直線縫い。手縫いの場合は3mm位の半返し縫いをする。







  足首部分を縫い合わせ表に返してしつけする
  表・裏の布を中表に合わせてまち針をうつ。ミシンでひとまわり縫う。
  表に返してしつけをうつ。
  →→


ミシンの直線縫い。手縫いの場合は3mm位の半返し縫いをする。(しつけ糸は見えないので黒色にしています)






  しっかり合わせておく
  キチンと表に返して波が打たないように合わせてみる。表裏の布を
  合わせて、まち針でしっかりとめて切りそろえておく。
 


キレイに仕上げるには、ここは重要です。布に厚みがあるため少しずつずれることがありますので切りそろえておきます。







  裏布を3mmカットする
  裏布が表布より少し小さめになるように、3mmカットする。
 
           左側はカットなし。甲に波がうっている。


ここも重要。裏布をカットして甲の裏の部分をキレイに仕上げます。そして表裏の切り口をしっかり合わせてまち針をうちます。しつけ糸を2本どりにして、なるべく細かい(3mm)ぐし縫いをします。




  中敷きに合わせてしつけをする
 
中敷きに合わせて、柄の配置に注意しながらまち針をうってみます。ここで出来上がり具合が決まるため、ぐし縫いの丸みの出方もチエックします。しつけ糸1本どりでしつけをします。






  ミシンで縫う
  ジグザグミシンで縫う。目盛はできれば一番大きい7mm位が良い。
  しつけをはずして、縫い目をおこす。
 
ここも重要。ジグザグミシンの針が右に動いたとき、布から落ちるようにかける。つまり、片目落としでかける。手縫いの人は、まつり縫いかブランケットステッチにする。
 
 ブランケットステッチ
  






  出来上がり!
  バブーシュなのでかかとを倒してスリッパのようにしてはけます。
  履き心地がとってもいいです。
 


縫いめの両サイドの布を軽く引っ張り気味にして布の重なりを少なく、つき合わせのようにするとより立体感が出て履き心地がよくなります。
型紙はこちら


  ルーズソックスもできました!!!    
           
         ルーズソックス


         
        《手作り後記》 


      市販の中敷きを使ったので意外と簡単に出来ました。
      ブランケットステッチはとてもわかりやすい『チョキチク フエルト』
      さんのサイトのものを紹介しています。  

      
  −姉妹サイト−
レーズンブレッドの生地バターサンドの生地テーブルロールの生地
簡単そうだけど奥が深いパン作り。うまくいかないときはココをチェック!パンこねの方法〜発酵〜焼きの手順まで。美味しく焼ける答えがあるかも知れません。。
パン作りの基本@
レースのコースタールームシューズハーブ石鹸
手作り大好きさんのHP。手作りルームシューズ、石鹸、小物作り・・など楽しみながら生活を豊かにしちゃいます。スポンジケーキはお店のケーキのようにフワフワに焼けますっ。
Happy◇幸せ◇レシピ
フリュイセックキャロットパンベーコンロール
パン屋さんのパンを焼く!リーンなパンからソフトなパンまで!!毎日食べたくなるレシピ。パン屋さんのパンがいっぱいです☆
毎日食べたいパン
屋さんのレシピ
簡単!豆大福簡単!いちご大福あんを包む 『包餡』

電子レンジ・オーブン、蒸し器を使って簡単に和菓子を作っていきます。季節の和菓子をお楽しみください!

簡単!手作り和菓子



HOME

   Copyright (C) Happy◇幸せ◇レシピAll Rights Reserved